So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

B2クラウドを使ってみた [実験]

cloud b2 open.jpg

我々、産地直送で営業をしてる農家は、伝票記入は避けて通れない作業です


ヤマト運輸と取引を続ける中で、B2という伝票発行システムを何年も前から勧められていました。当初、スタンドアローンのソフトウェアとして提供されていたシステムですが、平成30年5月よりクラウドのシステムとしてリニューアルされました。珍しいことが大好きですので早速利用してみました


以前から利用しているユーザーは従来のスタンドアロンタイプのほうが使いやすいと言っているのですが、私は意外と使いやすいと感じています。一番いいと思うのは、入力画面がとても見やすくなったことと、タブ表示がいたるところで使われていて、

2018-07-28.png









全体を俯瞰しやすくなったことです。実は、このシステムのデータのフィールド数は90以上あって、とても煩雑です。それが、タブ表示になってグループ分けされたことで使いやすくなっています。


困ったこと

デザインは良くなったのスタアろb2.pngですが、いくつか困ることも出てきています



1.使えるブラウザーが限られること

  マイクロソフトのedgeは動作確認されていません。私はgoogleのchromeを使っていますが、このブラウザーも印刷の際、印刷ダイアログが表示されない不具合があります。

 推奨はインターネット・エクスプローラーです。B2クラウドのときだけ使えばいいことなのですが





2.インターネットの環境のない場所や利用時間外には作業ができない(7時~25時)

riyoujikan2018.png








3.動きが鈍い~サーバーとのやり取りがあるために、一テンポ遅いという方もいます。しかし、今の所、私は感じません。PCやネット環境によっても左右されるのかもしれませんが。


いいところ

1.複数のPCで入力をすすめることができる。但し、同時入力するオペレーターに利用制限を設ける場合は、個人ユーザ登録を行い、設定する必要があります。家族同士など信頼のできる複数で同時入力する場合は、特に設定の必要はなく、簡単に始めることができます。同じ電話番号の人を同時にマスター登録してしまうと、意図しない上書きやエラーが発生することがあるとのことです。


2. 発送後の荷物の追跡など管理がとても楽になる。ご依頼主を指定してすべての荷物の配達状況を確認したり、出荷の有無を確認したりが、伝票番号を意識することなくできます。お客様からの問い合わせの際にはとても便利です

3. 宅配便へ支払う料金が正しいかチェックするのは以外に面倒なのですが、請求明細が来る前にチェックがしやすくなります。今までは、未収伝票で伝票番号と地域コードをもとにしか確認できなかったのですが、この商品が、北東北の80サイズで計上されているというように簡単に確認することができます。(サイズの間違いは以外に多いです)

4. ドライバの集荷時間が短縮されて、作業場が広く使えます。集荷しているドライバーさんの作業をみていると、端末に伝票番号をスキャンさせ、目で確認したサイズを打ち込んでいます。この2ステップで集荷事務処理が終了、あとはトラックに積み込むだけです。出来上がった荷から随時集荷してもらえれば、作業場は大変有効に利用できます。

 

5. PC・プリンタがコンパクトに収まり、デスク周りがスッキリ。プリンタはレーザーかインクジェット(サーマルプリンタでロール紙を使うコンパクトな構成にもできるようです。プリンタは高価ですが・・)を使いますので、複写伝票専用プリンタを使っていた方から見ると大変スッキリと整理ができると思います。


6. 依頼者マスター数の制限が100件でものたりませんが、履歴データによる入力で対応することができます。但し、履歴データは90日間しか保存されませんので、適宜バックアップする必要があります。


7.私達の作業効率向上、ドライバーさんの作業時間短縮ができたら、みんな楽になっていいですよね? これで送料も割引してくれたら尚いいのになあ

nice!(0)  コメント(0) 

ぶどうの白斑症状はミカンキイロアザミウマの仕業とはいうけれど・・・ [生息するものたち]

IMG_5420.JPG高尾ぶどうの摘粒作業が最盛期です。今年は開花が早かったせいで、例年より1週間ほど作業がはやまっています。

 作業をしながら、幼果に白斑があり、白斑の中央に小さな黒い点がある症状をみつけました。今年はそれほど多くはないですが、年によってはかなり目立つこともあります。巨峰や高尾ぶどうに代表される黒ぶどうでは、徐々に目立たなくなるので問題ないのですが、ちょっと気になりしらべてみますと

ミカンキイロアザミウマ」の仕業とのこと。ミカンキイロアザミウマの産卵痕とのことでした。(末尾参考文献による)

この症状は「白ぶくれ症状」と呼ばれています。特にトマトでは有名です。ただ、ぶどうの開花の時期に花の中にミカンキイロアザミウマではない姿も見かけます。(過去の記事です) もしかすると他のアザミウマ類であるヒラズハナアザミウマも同様の産卵痕を残すのかもしれません。あまり目立つようになると、花の時期の防除計画を見直さなければいけません。要観察です。



(参考文献:①葡萄の郷から  (社)山梨県果樹園芸会発行 ②ひと目でわかる果樹の病害虫(第二巻)p144(社)日本植物防疫協会発行 ③ミカンキイロアザミウマ 農文協 p33)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018キマダラカメムシと再会 [生息するものたち]

sml180420-134011_R.jpg

 ぶどうの新梢管理をしていると、ブーンという羽音とともに大きな虫影がさえぎりました。 一瞬 カナブンかなと思いましたが、いくらなんでもまだ早いかな? 追いかけて静かに観察してみると「キマダラカメムシ」です。

過去のブログにもある通り、我が圃場では2014年より見かけるようになり、昨年2017年に実被害を確認と同時に、遭遇回数が急に増加しました。2017年夏の東京都ナシ生産者の集まりでも存在がクローズアップされました。

 本年は、本日4月23日時点で梨のステージは10日くらい進んでいる感覚です。一昨年の発見日は5月1日でしたので、気候からすると、平年並の発見だと思うのですが、明らかに数が増えています。以前はクサギカメムシなどの一般的なカメムシしか見かけなかったのですが、あっという間に畑に広まってきました。体が大きい割に、動きも俊敏、飛行能力も高いです。観察を続け、地域の情報をまとめたいと思っています。優占種になってしまうのだろうか?




nice!(0)  コメント(0) 

花粉の耐久試験をして知ったこと [実験]

花粉の管の伸び方比較.jpg

梨の人工授粉に使う花粉について、どのくらいの寿命があるのだろうか? 梨農家にとってその一年の経営を左右する問題です。結論は意外と寿命が長いのかなと思っています。しかし、花粉は何日間は生きていますとは明言できないです。気温・湿度をはじめとした保存環境・品種・採取したときの樹勢といろいろな要素があって、比べられないからです。一番の近道は、自分で花粉の性能を確かめながら、人工授粉を行うことだと思っています。


「花粉の耐久試験」をしています。すでに10日を経て、だいぶ性能がおちてきましたが、雨の日には発芽率があがる?太くまっすぐ伸びる花粉管をもつ花粉があることなど、興味深く写真とグラフを載せておきます。


ミツワ製 開葯器 M-500ETで25度に設定した条件で比較しました。時間は5から7時の早朝に着床するようにしています。


顕微鏡写真は2018.4.18午前6時着床 午前9時 観察したものです。左は5年前に採取し乾燥凍結保存したネパール花粉樹 右は2018年4月3日採取の幸水の花粉です。

ともに、4月5日から物置に無造作に紙袋に入れて放置したものです 顕微鏡の直径は5ミリです。右の花粉のほうが太く真っ直ぐに伸びています。古い花粉のほうが、クネッと曲がっていたり、細かったりする様子が見えます。同じ品種で比較していないので、品種間の差も考えられますが、きっと右の花粉のほうが樹勢能力が高いのでしょう。

名称未設定-1.jpg

 グラフに関しては、発芽率の推移です。培地による、差も考えられますので大きな波を見ていただければと思います。自然放置10日を過ぎ、性能はおちてきていますが、雨の降った日に発芽率が上がっている感じです。


雨の日の発芽率は人工授粉時の畑湿度に、発芽性能は効率的な作業に直結しますので、引き続き観察したいと思っています




nice!(0)  コメント(0) 

梨ジョイント栽培 研修会 [講演会]

梨ジョイント栽培の研修会に参加してきました

sml2018-02-26 (1)_R.jpgsml2018-02-26 (3)_R.jpg

梨ジョイント栽培は御存知の通り、神奈川県の農業技術センターが開発した技術です。そのお膝元である川崎市内の導入農家を視察させていただきました。

関係者の方々にお礼申し上げます。

 今回視察させていただいたのは、一般的なジョイント栽培(右)と近年開発されてたJVトレリス((左)v字・垣根状のジョイント栽培と農技センターで説明されています)です。

 ジョイント栽培においては、専用苗の確保と接木作業が大変だとよく聞きます。今回は実際の接木について、方法や道具を説明していただきました。慣れれば一箇所数分でできるようになると伺い、導入へのハードルが低くなった気がしました。

sml2018-02-26-(4)_R.jpgsml2018-02-26_R.jpg

 向き不向きの品種があるそうで、栽培計画に大変意義のある話を聞くことができました。

今回 二種類のジョイント栽培を見学させてもらい、花芽の長期間維持をどのように工夫するかが大切だと感じました。また、JVトレリスについては結果する枝が長くなりますので、枝の更新に時間がかかることと主幹基部の枝が強大化し易い感じがしました。しかし、JVトレリスは防除作業の自動化や更なる作業の軽労化を目指した技術です。工夫をしながら確立できると未来の農業に大きく前進できるのではないでしょうか。とても楽しみです





nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

東京で梨とぶどうを栽培しています。
農業という職業の中で出会うムシたちにも光をあてたいです
農家にまつわること全般もね 

納得できるまで試して、お知らせします